ニュース

アスワン大学でのスペインリーグ紹介セミナー

カイロのスペイン大使館は、アスワン大学学長のアフマド.ガッラーブ教授の後援を受けてアスワン大学のアルスン学部で、スペインのリーグに焦点を当て、 その習慣や伝統をスペインリーグの習慣や伝統に焦点を当てたシンポジウムを開催しました。 セミナーには、大学学長のアフマド・ガッラーブ教授、大学院研究研究担当副学長のアイマノ・ウスマーノ教授、カイロのスペイン大使館文化顧問、コワーノ・ブインテス連盟長 、ハーゼム・アルガマル大教授、大学の国際関係担当ディレクターのみんなに出席した。 アスワン大学学長は、様々なエジプトの大学で開催された一連のセミナーの一環として、世界中のサッカーファンと知識を交換し、意識を高めることを目的とするこのセミナーの開催を強く望んでいます。 このセミナー は世界のあらゆる場所でサッカーを発展させるというスペインのリーグのコミットメントの枠組みの中で組織され、シンポジウムの参加者にはスペインのサッカーリーグのプロフィールと大会に参加する20のクラブの一般的な考え、そして伝統と伝統の祭りを主催します。 アスワン大学学長は、協会がアインシャムス大学、カフルアルシェーク大学、アルアズハル大学、ヘルワーノ大学および10月6日の大学でいくつかのセミナーを開催したことを指摘しました。 22 total views, no views today

22 total views, no views today

アスワン大学の最初の若手研究者会議での50この研究

アスワン大学は3日間続く若い研究者の最初の会議を組織する準備をしています。 アスワン大学のアフマド・ガッラーブ教授は、この会議は大学院生が地域社会や周辺環境に役立つように高度な科学研究を行うことを奨励することを目的としていると述べ、また大学の様々な学部間の研究協力を強化することを目指しています。 大学院研究・研究副学長であり、会議の学長であるアイマノ・ウスマノ教授は、組織委員会がアスワン大学から50人の学生を受け入れたと付け加えました。 さらに、この会議にはアスワン大学のエジプト知識銀行 が発表した研究者向けの講義プログラムも含まれます。 同会議の組織委員会には、工学研究科工学部副学部長のモファメッド・モハッラー教授、および技術および応用科学トラックであるハサノ・コザイム  教授、イマーノ・アブアルナジャー教授、 モハメッド・アブドアルアゼーム教授、人文社会科学部長、アイマン・サミー教授、情報技術会議担当副社長、ガダ・アブザード教授副総裁会議長のみんなが会議を開催されます。 13 total views, no views today

13 total views, no views today

米国への旅行のためにフルブライトが提供した奨学金に関するアスワン大学でのシンポジウム

アスワン大学学長のアフマド・ガッラーブ教授は、米国に渡航するために欧州委員会が提供する奨学金プログラムを紹介するために、フルブライト委員会が主催するシンポジウムを開きました。 セミナーには、大学院研究・研究副学長のアイマノ・ウスマノ教授、地域社会奉仕および環境開発担当のアブドアッラホマーノ・アブドアルバーセト教授、農業天然資源学部長のヤセル・アブドアルハミード教授が出席しました。 そして、フルブライトの2人の職員と同様に多くの教員と大学生も参加しました。 このセミナーでは、すべてのエジプトの大学で、すべてのエジプトの研究者のためにそのウェブサイトを通して提供された修士課程、博士課程および博士課程後の研究の助成金に光が当てられることが発表されました。 また、これらの奨学金の申請者とさまざまな給付の選択基準を明確にすることも検討したと付け加えました。 9 total views, 1 views today

9 total views, 1 views today

日本国大使館大使がアスワン大学の日本文化デーに参加

アスワン大学のアルスン大学と協力して、カイロの日本国大使館、JICA、Japan Foundationは、文化的教育関係を支援する枠組みの中で、4年連続で日本文化デーを開催しました。 開会式には、アスワン知事のアフマド・イブラヒム氏、カイロ駐在日本国大使の能化正樹氏、アスワン大学学長のアフマド・ガッラーブ教授、エジプトJICA副所長の岩崎昭宏氏が出席しましたアスワン大学副学長とアルスンの学部長、そしてアスワン大学の他の学部長と教職員および学生のグループが参加しました。 ガッラーブ教授は、エジプトと日本の友好国2カ国の関係を強化し、アスワン大学の日本語学科の学生のスキルを向上させるため、この文化の日を定期的に開催することを切望していると強調しました。 また、アスワン大学と日本の大学との間の科学的協力、学生交流および共同研究プロジェクトの分野での協力のいくつかの協定が署名されました。そのうち、昨年10月に最新のものが東京学芸大学および筑波大学との協力協定です。 日本国大使館大使は、アスワン大学の日本語学科の学生が近い将来エジプトと日本の間のコミュニケーションと協力の架け橋になることを望んでいると述べました。 または、日本政府が大学院生とエジプトの教授に日本での研究と科学研究を完遂するための助成金を割り当てることを指摘しました。 エジプトと日本の間の科学的研究協力の枠組みの中で夏休みの間に日本への留学が可能になります。 6 total views, no views today

6 total views, no views today

アスワン大学はイギリスのトップ300の大学のうちの1つです

アスワン大学学長のアフマド・ガッラーブ教授は、持続可能な開発の目的を達成するという観点から、タイムズの分類に従って、アスワン大学を世界のトップ300の大学の中に入ったことを発表しました。 高等教育大臣のカーレド・アブドアルガッファール氏によると、この分類は世界で最も強力な国際分類の1つと考えられています。 または、このランキングにアスワン大学が入ることは、この分野の大学を支援するために高等教育省が設置した「国際ランキングを改善するためのエジプトの大学の支援」と協力して大学が行った卓越した努力も反映したと指摘しました。 3 total views, no views today

3 total views, no views today

アスワン大学の学生のための重要な技術イベントの発表

IBM、ITI、アスワン大学間の協力を確実にするために、技術的なイベントが発表されました。 (IBM Digital-Nation Africa Innovation Day) 工学、コンピュータ、情報およびコンピュータサイエンスの学部の学生のために、このイベントは作られました。 IBMは、情報通信省とアスワン大学の間でITIアスワン大学の新しい支部を追加するための協力の議定書に署名した直後なので、アスワン大学でITIの最初の技術イベントを提供することに熱心です。 2019年3月28日木曜日、工学部の会議場でイベントは行われます。参加を希望する学生は以下のリンクから登録してください。 https://goo.gl/forms/4PTJQfSnGi0PgK713   5 total views, 1 views today

5 total views, 1 views today

南アッパーエジプトの持続可能な開発に向けた 南アッパーエジプト大学の第1回会議

エジプトの大学は、エジプト共和国大統領アブドアルファッターホ・アルシーシの指導のもと、そのさまざまな発達運動を通じて享受していることを踏まえて、この発達運動のための知的枠組みと科学的計画の立案に効果的な参加が必要であると言いました。 会議のテーマ: テーマ1:現在の開発課題に対する革新的な解決策 テーマ2:いくつかの部門の発展に対する新しいビジョン テーマ3:利用可能で潜在的な資源を投資するための新しいメカニズム テーマ4:いくつかの地域の非典型的な発展例 テーマ5:南アッパーエジプトの開発プロジェクトと人的資源のための資金調達とマーケティングのメカニズム テーマ6:エジプトまたはアラブの各県で成功した開発モデルの提示 会議に参加するには、会議に提出された研究提案をアラビア語または英語で以下のメールで送ってください。 Tewfeekm2050@yahoo.com 2019年2月26日までに、審査官に資料を出さなければなりません。2019年4月15日の前までに結果が送られます。     10 total views, 1 views today

10 total views, 1 views today

アスワン大学がナセル湖で生物多様性と漁業に関するワークショップを開催

アスワン大学の環境社会サービス部門は、アスワン大学学長のアフマド・ガッラーブ教授の後援の下、農業自然資源学部の会議場でナセル湖の生物多様性と漁業に関するワークショップを開催しました。 このワークショップには、アッシット大学理学部のイマーム・メッカーウェ博士、オサーマ・カーセム博士、魚類生物学・水産学教授、アフマド・ハーメド教授、水生環境学教授が参加し、 大学の教員(農業と天然資源 – 漁業技術 – 水産技術 – 科学 – 獣医学の教授たち)と学生が参加しました。 このワークショップは、魚類開発の分野で研究計画を策定し、アッシット大学でこの分野の専門家と共同研究を行うことによって、世界で2番目に大きい工業用湖と考えられているナセル湖における魚の富の発達と増産を目指します 。 ワークショップでは、アブドアッラヘマーノ・アブドアルバーセト教授の生物多様性、魚の成長、学生教育の重要性に関する3つの講義が行われました。記事によると、魚や水に関する研修が3日間にわたって開催されました。この研修で学生たちは、魚類の分類から始まり、淡水魚や海水魚の違いや生態系について学びました。研修の最後には、ここで学んだことを社会でどう生かしていくかについても話していただきました。 7 total views, no views today

7 total views, no views today