高等教育大臣が仮想対話に参加して、コロナウイルスの新たな危機について話し合う

カーレド・アブルガッファール教授高等教育科学研究大臣、エジプト教育科学文化委員会委員長(ウネスクアルコエセスコ)は、ユネスコが昨日開催したテレビ会議による仮想対話に参加し、軸を確認した 出現しつつあるコロナウイルスのパンデミックに立ち向かう省の計画の。 、「127」国の代表である「72」高等教育科学研究大臣を含む、教育および科学研究のファイルに責任を負う「200」国際公務員の参加を得ています。

バーチャルダイアログでは、コロナウイルスの蔓延に直面した参加国間での経験と協力の交換と、コロナウイルスからの予防意識のメカニズムが扱われました。 また、さまざまな国の間での協議と経験の交換のためのプラットフォームを見つけ、科学が証拠に基づく意思決定をどのようにサポートするかについて学んだ教訓を見つけ、「オープンサイエンスと国際科学協力のためのグローバルコンパクトに対するアピール」を提供することも目指しました。

対話は、ユネスコ事務局長のオードリー・アゾレイ氏とサラ・アグボール自然科学副局長のシャミラ・ネール・ブーデル博士、アフリカ連合の人事・技術委員会、さらに (ヨルダンモロッコチュニジア)やアフリカからの国の大臣(ナイジェリアエチオピアベナン)などの一部のアラブ諸国からの高等教育と科学的研究とヨーロッパ側からの科学研究の大臣は2つの国(フランスノルウェー)、そしてアジア側から、各国(中国マレーシアパキスタン)の科学研究大臣、および対話はまた、代表的な欧州連合委員の参加を目撃した。

 11 total views,  1 views today