アスワン大学の学長は、アルアルスン学部日本語学科のスピーチ大会に出席します

アスワン・アルギデーダのキャンパスにあるアスワン大学学長のアフマド・ガッラーブ教授は、またはナセル・アブドゥルラーゼク教授の前で日本側の教員および教員と審査員の学部長のアルアルスン学部日本語学科のスピーチ大会に出席します。

この文脈において、アスワン大学学長は、日本、韓国、ポルトガルなどの多くの外国およびヨーロッパの大学との多くの学術および教育協定におけるアスワン大学の業績を強調しました。

さまざまな大学で教育プロセスを促進するために教育的および文化的経験を交換するために、アルアルスン学部は、アスワン大学と他の外国の大学と、そのさまざまな部門を通じて世界への窓口との間のリンクです。

ガッラーブ教授は、日本語には文化と文学があり、両民族間の習慣と伝統の間の継続的なコミュニケーションを深めていると付け加えました。

ナセル・アブドゥル・ラザック教授は、アルアルスン学部がこのような文化的および文学的な競技会を開催し、大学での教育プロセスを充実させることを指摘した。

日本語スピーチ大会は、毎年アルサン学部の日本語学科で開催され、学生間の競争の精神を作り、日本語の芸術を見つけて流に話すように動機付けています。

アスワン大学のスピーチ大会のレポート

 52 total views,  1 views today