アスワン大学の学長が大学病院を視察し、医療スタッフと患者スタッフの安全のための予防策を強調します

アスワン大学学長であるアフマド・ガッラーブ教授は昨日、大学病院のサプライズインスペクションツアーを行い、大学病院長であるアシュラフ・マーバード教授と大学事務局長本セイン・アブドアルッラテ―ィフ氏は 受け取りました。

大学学長は、入院前に患者の検査に署名することで病院に通う人々とその家族の安全を確保するために、大学病院のドアと滅菌作業に予防策を適用することの重要性を強調しました。

ガッラーブ教授は、従業員であろうと一般市民であろうと、すべての市民の口輪のモットーの下で全員に入るときに口輪を着用する必要があると言いました。 

 14 total views,  1 views today