アスワン大学は、マワッダプロジェクトを始めます。

今日、2021年9月4日に、アスワン大学学長代行のアイマノ.ウスマーノ教授は、社会連帯省大臣のニビーノ.カッバージュ博士とプロジェクトディレクターのランダー.ファーレス博士が率いる社会連帯省と協力して、マワッダプロジェクトイニシアチブのイベントを目撃しました。

このイベントには、前副学長のマグディ.アリー教授、マワッダプロジェクトトレーニング-アドバイザーのムファメッド.ワーリー博士、プロジェクト-エグゼクティブ-コーディネーターのアフマド.アッバース氏とマムドーホ.アルマシリ氏、大学の社会連帯ユニットのメンバー、多数の教員が出席した。

アイマノ.ウスマーノ教授は、会議中のスピーチの中で、マワッダプロジェクトは、アブドアルファッターホ.アルシーシ大統領が第6回青少年会議2018年で発行した国家イニシアチブであり、将来の配偶者や新婚者を準備してエジプトの家族の実体を維持することを通じて、エジプトの離婚率を制限することを目的としていると述べました。

それに、アイマノ.ウスマーノ教授は、若者の文化的および家族的意識を高めることに関する学生を対象としたコースの開発を提案しました。

アスワン大学のマワッダプロジェクトのコーディネーターのハマダ.ラガブ博士は、市民の生活の質を促進するために州のセクターが発揮した努力を指摘しました。

 10 total views,  1 views today