通信情報技術大臣は、アスワン大学で、エジプト.デジタル.イノベーションセンターを訪問します。

アスワン大学学長代行のアイマノ.ウスマーノ教授は、サハーリキャンパスで、通信情報技術大臣のアムル.タラート博士、と州知事のアシュラフ.アティア少将を視察しました。

エジプト.デジタル.イノベーションセンターは、アスワン大学がデジタルトランスフォーメーションで目撃している変化と発展に対応し、センターが大学生に提供するトレーニングを通じてエジプトのビジョン2030を実施するために、アスワン大学への追加を検討しています。

一方、大臣はセンターのディレクターであるアフマド.サーレムからセンターについての説明を聞いていました。

サハーリキャンパス内の5,000平方メートルの面積にある建物と庭園で構成されています。 そして、それは2つの階、最も近代的な手段を備えた9つの研究室、3つの講堂、創造性のためのセンターで構成され、センターは高速回線でインターネットに接続され、無線インターネットネットワークで覆われています。 このセンターには、組み込みシステム研究所とインターネットも含まれています。

このセンターは、情報技術研究所、国立電気通信研究所、イノベーション-アントレプレナーシップ支援センターの3つの機関にサービスを提供して、 大学の学生や卒業生の奨学金を通じて、情報技術に関連する幅広いスキルに関するトレーニングサービスを提供しています。

通信大臣は、センターで学生や研修生との公開会議を開催し、これは州知事の アシュラフ・アティア少将-アスワン大学学長代行のエイマノ・ウスマーン教授、工学部長のロアイ・サアド・エルディン教授-センターのディレクターであるアフマド.サーレム氏 の出席に来ました。

 15 total views,  1 views today